三条市の多職種連携研修会(第1回)に参加してきました。

sakai-sこんにちは。

理学療法士の坂井圭輔です。

9/9に燕三条地場産業振興センターリサーチコアで行われました、第1回多職種連携研修会に理学療法士の森山と参加してきました。

研修会は、座学とグループワークであり、三条市の高齢者の実態や地域包括ケアシステム方針・推進体制の説明やグループワークとして現状の問題点や各機関への期待等を話し合うことができました。

三条市の高齢化率は全国と比較しても高いそうです。

印象的だったのは、三条市の高齢化率は全国と比較して高いということと、総人口は年々減少するものの、高齢者人口、特に後期高齢者人口は増加し続けるということでした。

我々はサービス提供者として自身の業務を振り返ることはよくあります。しかし、ますます深刻化する高齢化社会に対しては、個人の努力だけでなく、社会全体として対策を講じていく必要性や重要性があるを改めて実感しました。

20160915
※写真はイメージです(^-^)

普段なかなかお会いできない方々とも顔を合わせてお話できました(^-^)

また、研修会には150人近くの方が参加されており、グループワークでは普段、業務としての繋がりはあるものの、中々お会いできない他事業所の方々と顔を合わせてお話することができ、とても充実した時間が過ごせました。

私個人としては、閉会のご挨拶をいただいた、水野先生が「多職種連携研修会もいいですが、今度は多職種連携飲み会が出来るようになるといい」と仰っていたのが、印象的でした(^-^)。

さいごに

地域包括ケアシステムの構築に伴い、私たちも量、質共に充実した訪問看護、訪問リハを皆様に提供していきたいと思います。

第2回は11月頃に開催の予定だそうです。ぜひまた参加したいと思います!

不慣れな記事ですが、最後まで読んでいただき有難うございました。今後も時々、書きたいと思います。宜しくお願いします。