こんにちは。作業療法士の山本です。

この度、当ステーションでは病気を抱えた子どもとママを対象に子育て支援サークルを立ち上げました。

サークルの名前はPono Pono(ポノポノ)!!

サークルの名前はPono Pono(ポノポノ)♥♥♥

これはママたちと一緒に決めました。

Pono Ponoはハワイ語で「思いやり・優しさ・楽しさ・喜び・尊重する・応援する・信頼する・許す」などのポジティブな言葉や思考、行動のことを表します。

 

病気を抱えるお子さんの育児は不安や悩みがたくさんあるかと思いますが、ママたちが日々前向きな気持ちになれるような支援ができればという私たちの思いも込めさせていただいています。

Pono Ponoの第1回の活動を紹介♪

今回はPono Ponoの第1回の活動の様子を紹介します♪

まずは集合写真をパチリ☆

普段おうちで遊べない遊びを体験☆

ベビー体操やふれあい遊びもしました。

先ほどの写真をその場でプリントして足型をとり、ママたちに記念作品を作ってもらいました。

外出の機会も少なく、受診以外はご自宅で過ごされている方もいらっしゃいます。

三条市には現在、酸素や経管栄養の必要な赤ちゃんとママが安心して参加できるサークルがなく、外出の機会も少なく、受診以外はご自宅で過ごされている方もいらっしゃいます。

ママ同士で育児について話したり、自宅では経験できない楽しい遊びをしたり、集中する時間を持ったり、ゆっくりお茶を飲んだり…少しでもリフレッシュの機会を持ってもらいたい…!!!と私たちは考えています。

三条市の子育て応援宣言にも賛同しました!!!

私たちの事業所の理念は「医療の専門集団として全ての人が『自分らしく生きる』ための支援をします」です。

ご利用者様だけではなく、家族もいきいきと生活できるようなお手伝いが少しでもできれば幸いです。

三条市の子育て応援宣言にも賛同しました(^-^)