こんにちは管理者 高山です(^^♪

新年度になり、当ステーションにも新しいスタッフが仲間入りし、看護師9名、理学療法士3名、作業療法士3名、事務1名と総勢16名となりました。新しいスタッフ紹介は近々したいと思います。

さて、三条市では安心して子どもを生み育てられるまちづくりを推進するため『子育て応援宣言市民運動』を実施しています。子育て応援宣言市民運動とは、三条市の個人、事業所等がこれから親になる方や子育て中の親、子どもに対して、自分たちでできる思いやりやお手伝いしたい気持ちを宣言し、実行するものです。

当ステーションでは、地域で生活をしている医療ケアの必要な子供たちに関わらせてもらっています。

・・・ということで、私たちもこの度宣言させていただきました!!

あさひ訪問看護リハビリステーションは、

*医療の専門集団として、全ての人が『自分らしく生きる』ための支援をします。

*病気を持つ子どもと家族が、安心して生活できるためのケアをします。

 

子育て支援サークル『Pono Pono』は、

*病気を抱えた子どもと家族が、地域で生活するための支援をします。

*サークル活動を通し、子育ての悩みや喜びを分かち合えるよう応援します。

宣言通り、私たちはこれからも子ども達そしてその周りの人が笑顔で過ごせるよう、日々勤めていこうと思います。