こんにちは。看護師 横田です。

先日子育支援サークル ponoponoを開催致しました。

今回は、開催場所を三条市福島新田の「かんきょう庵」を使用させて頂き、訪問している児6人とその母たち6人が集まりました。
(初めて行ったのですが、とっても良い雰囲気の場所ですね(*´∀`*)  

今回は、三条市の助産師、川沼佳子さんを講師に迎え「誕生についての振り返りと子供との関わりについて」学びました。  

黒い画用紙に1ケ所開いた針穴をみんなで覗き込み、それが受精卵の大きさと同じとわかるとみんな驚き、週数に合わせた胎児の大きさの変化を写真で確認しながら妊娠、出産について振り返りました。

また胎児の気持ちになった「胎内記憶」の話、産科医著書の本「わたしがあなたを選びました」の朗読、触れ合いマッサージなど取り入れて頂き、まるで産科の母親学級のようでした。

しかし狙いはそこです!!!

出産を振り返ることで改めて児を愛しいと思える時間になってくれたらいいと感じていました。

出産というのはとても大きい出来事であり、出産を待つ母親達は新しい命に出会えると言う大きな「期待」、出産前に児の病気が告げられた「不安」、その両方を抱えてながら妊娠が発覚した際の想いや出産ストーリーを参加者全員で語り合う場が持てました。

サークルを重ねてくる中で母達の人間関係の形成もできつつあり、児の長所を参加者全員の前で発表できたりする場面もあり微笑ましく感じました。

また明日からの育児も頑張りましょうー(๑≧౪≦)