こんにちは 看護師の大野です

訪問看護を利用される方々は、実に様々な疾患をお持ちです。生活背景も違うので、援助内容も様々です。

どんな援助が必要なのか、時に悩むことがあります。でも、今まで経験してきたことが異なるスタッフが大勢いるので、情報交換する中で、新たな気づきに出会え、それを生かした援助を提供しています。それが、ご利用者様にとって満足のいくものであったら・・・

本当に嬉しいです。

また訪問を通し、利用者様から「生きる」について学ばせてもらうことが多いです。まだまだ未熟者ですが、人間的にも成長させていただいております。

助け合う世の中っていいですよね。

少子高齢社会の中で、家庭内での介護看護に限界を感じたとき、解決してくれる行政サービスや民間サービスが増えてきました。

最初の相談は勇気がいると思いますが、自分一人ではなかなか気付けない解決方法を教えてくれることもあります。

みなさんも上手に活用していただきたいと思います。

もちろん我々も全力でサポートしていきたいと思います。

今日も一日頑張ります!